洗濯機や乾燥機を使う前にタグを確認

洗濯機や乾燥機を使う前にタグを確認 Tシャツは普段着として最も着やすいアイテムです。
春夏秋冬のいつでも着用可能で、最近ではデザインが豊富になりました。可愛いキャラクターがプリントされた商品に袖を通せば、それだけで楽しい気分になります。
量販店では定期的に他の企業とコラボレーションをしており、人気アニメの主人公や有名企業のロゴがプリントアウトされたアイテムが低価格で購入可能です。

いわゆる無地のTシャツは特に気を付けて洗濯を行わなくても平気です。
一方でデザインが前面に印刷された商品は注意しなければいけません。
洗浄力を重視した普通のお洗濯コースだと、洗う力が強すぎてせっかくのデザインが一部剥げてしまったり、丸々キャラクターの印刷がなくなってしまいます。

Tシャツの内側に付けられたタグには洗い方が明記されていますので、初めて洗う時は必ず確認しておきたい事です。
乾燥機を使うと、どういった印刷方法でも表面を傷めてしまうため、基本的に自然乾燥が推奨されています。
乾燥機で素早く乾かしたい場合は、同じくタグをよく確認してモードをTシャツに合わせてからスイッチのボタンを押しましょう。

Tシャツのスポンジプリントの活用例

コインランドリーでプリントTシャツを洗濯するコツ コインランドリーというのは大物洗いもさっとできるので、家で洗うことが出来ないものでもきれいに洗濯することができるのが魅力です。
ついでに乾燥機も使用すれば、短時間でサッと洗えてさっと乾かすことができるので、梅雨などジメジメとした季節には近くにあると大変便利です。
ただ、大量の衣服を洗うことに適しているので、大切に着たいおしゃれ着や大切にしているTシャツなどは洗うときにちょっとした工夫が必要になります。
まず、裏返しにして洗うのは当たり前のことです。こうすることで水の抵抗による洋服への摩擦を抑制することができます。
プリントのあるTシャツなどはちょっと気を使って裏返しにして洗うようにすると長持ちするのでおすすめです。
さらに、もっと大切に洋服を来たいという方には、ネットに入れて洗うのがおすすめです。
ネットに入れれば、さらに水の抵抗を減らすことができます。
Tシャツの首が伸びてしまうのを防ぐには、輪ゴムが便利です。